あえて雰囲気のある古い賃貸物件を探す際のメリットと注意するポイントについて、基本的なところをまとめてみました。

賃貸のお部屋探しのポイント。
賃貸のお部屋探しのポイント。

古い賃貸物件を探すポイント

古い賃貸物件というとどこか侘しいイメージもありますが、実際には広さの割りに家賃が格安だったり、他の賃貸物件と比べて改造可能な範囲が広かったりと様々なメリットもあるものです。そこで今回はこうした古い部屋を探す際のポイントや注意点についてまとめてみましょう。まず、こうした古い物件は広めなものを選びましょう。狭くて古い物件はさすがに侘しさが前面に出てしまいますが、広くて古い部屋というのはレトロな雰囲気を醸し出すものです。デザイナーズの新築物件の部屋の味をスタイリッシュな格好良さとするならば、こうした古くて広い部屋はレトロなお洒落さが味なのです。

ただし、古い物件というものは物理的にいくつか注意すべきポイントがあります。一つは建物の構造や強度です。古いコンクリートの建物というのも昔の探偵ドラマの事務所のような洒落た雰囲気を持っておりますが、古い時代の建築基準法に基づいた強度で設計されている場合が多いので、同じ古い物件であれば木造の部屋を選びましょう。次にバス、トイレキッチン、設備といった関連が築当時のままのものだとさすがに不便ですので、こうした設備だけはピンポイントにリフォームされている物件を選ぶのがポイントです。

そして、交通の便です。古い物件は駅から遠かったり、交通の便が不便だったりする場合が多いので駅からどの位の距離にあるのかもチェックしましょう。こうした条件さえクリアしていれば安くて広くてお洒落な部屋に住むことができるので、探す手間も楽しみの一つと考えるのも良いかも知れませんね。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸のお部屋探しのポイント。.All rights reserved.