賃貸物件を借りるときに、マンションとアパートの違いを知っておくとよい。ということと、その区別の仕方。

賃貸のお部屋探しのポイント。
賃貸のお部屋探しのポイント。

賃貸の部屋探しをするポイントについて

賃貸物件を探すときのポイントとして、マンションとアパートの違いを知っておくと、部屋を借りる際に、どうして同じような部屋なのに、家賃が違うのか?などの疑問を払拭するのに、役立ちます。マンションとは、主に、鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)で造られていて、三階以上の建物を言います。上記の構造であれば、不動産会社はマンションと表示することが多いです。一方、アパートは、木造建であったり、軽量鉄骨造りの二階建までのものを指すことが多いです。しかし、名称に規定がないことから、最近では、アパートを「コーポ」、「ハイツ」、「ヴィラ」など、借り手へのイメージアップを狙って、横文字で表現し、アパートという言い方を避ける傾向もあります。

マンションとアパートの家賃を比べたときに、築年数が同じであれば、一般的に、マンションのほうが、アパートよりも1万円くらい家賃が高く設定されていると言われています。つまり、アパートのほうが築年数が新しければ、マンションよりも高い家賃が設定されている場合もあるので、気をつけましょう。マンションのほうが家賃が高いと思って、最初からあきらめずに、築年数も調べて、家賃を比較してみてください。予算内でマンションに住むことも可能になる場合があります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸のお部屋探しのポイント。.All rights reserved.